血液クレンジングで若返りたい!you血液クレンジングで若返ればいいじゃん

血液クレンジングで細胞から美しく

プラセンタ点滴の代表的な副作用

血液の流れを促進させ、身体の疲労蓄積を改善したり、肌のターンオーバーを促し
ピチピチとした新しい肌を生成するなど、プラセンタ点滴を注射することで得られる恩恵は図り知れません。

しかし、血液製剤でサプリメントなどの経口製剤とは違い、身体に直接注射することで
使用しますので、その安全性が気になる方は多いことでしょう。

プラセンタとは、フランス語で胎盤を意味し、赤ちゃんが出産前に母親の胎内で
身体に必要な栄養素を赤ちゃんに供給する組織のことです。

人の身体に投与することで、健康促進やエイジングケア、生活習慣病の予防など
様々な効果が見られるため、皮膚科や美容クリニックなど、様々な機関で
投与が可能ですが、少なからず副作用発症のリスクも存在します。

薬の副作用

代表的なもので、発熱や悪寒に発疹などで、人によって症状の深刻さにも違いがあります。

また、プラセンタ点滴使用経験者は、その後献血が出来なくなり、これは感染症予防のためです。

プラセンタ点滴は人の胎盤を使用して精製されますので、点滴を行うことで
人由来の感染症が発症するリスクが少なからず存在します。

そのため、安全性の観点からも、一度でもプラセンタ点滴を注射した経験がある方は、
その後輸血することが不可能になります。

 

体内への正しい投与の仕方も知っておきましょう

プラセンタ点滴は、副作用発症のリスクが無いとは言い切れませんが、使用される点滴は
厚生労働省や栄養食品協会(JHNFA)によって検査や安全性の確立が隈無く実施されます。

これらの機関によって、厳格な審査を経て使用が許可されますので、適正な使用方法であれば
人命に関わるほどの重篤な副作用を発症させるリスクはありません。

その一方で、一つ気を付けなければならないのが注射方法です。
プラセンタ点滴は、筋肉注射と静脈注射、皮下注射の3通りが存在し、この内の静脈注射や点滴は
厚生労働省でも認められていません。

静脈からプラセンタを注入することで、呼吸困難や血圧低下にホルモン異常が見られるような
激しい副作用が発症します。このような違法の注射方法は、通常では美容クリニックや皮膚科でも
実施されていませんが、稀にこのような行為を行っている機関も存在します。

日頃の健康維持や美容促進のためとは言え、プラセンタ点滴を実施するには
自身の安全性を確保するためにも少なからず知識が必要です。
相場よりも安いプラセンタ点滴の宣伝をしているクリニックや、静脈注射を促進している機関に
騙されないように、適正な使用方法や副作用について知っておくのが大切です。

信頼性の高いクリニック