血液クレンジングで若返りたい!you血液クレンジングで若返ればいいじゃん

血液クレンジングで細胞から美しく

更年期障害治療目的のプラセンタ注射は保険適応範囲

更年期の悩み

ホットフラッシュが頻繁に起こり顔が火照って全身が熱っぽくなり
汗が止まらなくなるので外出するのを躊躇する、些細なことで腹が立ったり
苛立ちが治まらず怒りをぶちまけたりすることが多くなり周りに迷惑がかかる、
うつ状態が続きひどく気分が落ち込むと悲しくて涙が止まらなくなる、
胃腸障害や血流障害で常に体調が悪く市販薬を服用しても緩和されないなど
更年期特有の不調に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

その不調は卵胞ホルモンのエストロゲンが閉経前に減少することが原因で起こっており、
閉経を迎えるその日まで続きます。40代半ば頃から症状が出始める人が多く
閉経の平均年齢である50歳頃まで症状が出続けます。

大事な数年間を不調で台無しにするのはもったいないですので、
ホルモン環境を変えるための治療を受けて楽になりましょう。

ホルモン補充療法や漢方療法や精神安定剤投与など治療方法はいくつかありますが、
プラセンタ注射もその一つです。アンチエイジング効果が得られるプラセンタ注射は
美容クリニックの定番メニューですが、婦人科クリニックで更年期障害治療に用いる場合は
保険適応範囲となります。

美容クリニックのように自由診療扱いで高額な費用を請求される心配がありません。

 

厚生労働省が認可しているプラセンタ注射

プラセンタ注射は、肌細胞を若返らせてお肌のハリ感やツヤ感や潤いをアップさせるための
美容治療という位置づけであり、美容皮膚科クリニックにおいてはポピュラーなメニューです。

そのイメージが強く、プラセンタ治療は自由診療で費用が高いという認識をされがちですが、
厚生労働省が認可している病気や現象の治療を目的として施術を行う場合は
保険適用での治療が可能とされています。

保険が使える治療

その認められているうちの一つが更年期障害で、ホルモンバランスの乱れを整えるための目的で
プラセンタ注射の治療を施す場合は費用がだいぶ抑えられます。

お金の心配をして更年期特有の辛い症状を我慢しなくてもよいということです。
プラセンタは哺乳類の胎盤に含まれる成分で、卵胞ホルモンのエストロゲンの働きを
活発にさせる働きを持っています。

サプリメントやドリンク剤などで摂取するという方法もありますが、経口摂取だと
ホルモン環境の改善に確実に作用する確率が低いです。

確実に効果を実感するためには、注射で血管から注入して血液にダイレクトに作用させるのがベストな方法です。

ホルモン補充療法という治療方法と組み合わせて行うと、相乗効果がもたらされます。